HOME > インフォメーション一覧 > 海外からの購入を制御する“海外アクセスコントロール機能”の提供開始

インフォメーション

グランスフィア株式会社とサイファー・テック株式会社が業務提携
「デジタルコンテンツ王」にて、Flashコンテンツを含むWebコンテンツ販売プランを開始
〜 電子書籍、Flashムービー&ゲーム、デジタル写真集、ウェブマガジンなどの販売が可能に 〜
【更新日:2007.04.16】

GMOインターネットグループのグランスフィア株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO:糸山日出男 以下、グランスフィア)と、サイファー・テック株式会社(本社:東京都豊島区 代表取締役:吉田基晴 以下、サイファー・テック)は業務提携し、グランスフィアが運営するデジタルコンテンツ販売のASP型サービス*1「デジタルコンテンツ王」で、サイファー・テックが提供するDRM*2技術「CypherGuard(サイファーガード)」を利用した4種類のWebコンテンツ販売プランを新たに提供開始いたします。これらのプランではFlashにより制作されたコンテンツや、JPG/GIF形式の画像を含む、HTMLコンテンツを販売することが可能となります。4種類のWebコンテンツプランは、いずれも4月16日(水)より受付を開始し、5月15日(火)より提供を開始いたします。
*1 ASP(Application Service Provider)型・・・システムの貸し出し型のサービス。
*2 DRM(Digital Rights Management)・・・デジタルデータにおいて利用に制限をつけることで複製を防ぐなどの機能。

◆ ◆ ◆

■「デジタルコンテンツ王」と「CypherGuard」について
グランスフィアが提供する「デジタルコンテンツ王」とは、デジタル化した音楽や映像、文章などのコンテンツをダウンロード型(ファイル提供型)で販売するために必要な機能を提供するサービスです。決済システムまで含むことからお客様にはシステム構築のコスト負担なく直ぐにご利用いただけるため、サービス開始以来、既に約6,000を越える様々なジャンルのコンテンツファイルが登録されています。一方、サイファー・テックの「CypherGuard」とは、「楽天ダウンロード」をはじめ、大手コンテンツ販売サイトでの導入実績を誇る、DRM技術です。

■「デジタルコンテンツ王」と「CypherGuard」との連携について
「デジタルコンテンツ王」と「CypherGuard」が連携することで、通常ブラウザを介して閲覧するWeb形式のコンテンツ(ファイル)そのものを、コピーを防いでダウンロード型販売できる4種類のサービスプランが追加されました。

  プラン名 機能
1 デジタルコンテンツ王 for 電子書籍 Flashをビューワーとして利用する電子書籍の販売にご利用いただくプラン※
2 デジタルコンテンツ王 for ムービー&ゲーム Flashにより作成したムービーやゲームなどのコンテンツを有料販売したい場合にご利用いただくプラン※
3 デジタルコンテンツ王 for デジタル写真集 JPG形式およびGIF形式のファイルそのものをDRMによる保護下で販売したい場合にご利用いただけるプラン
4 デジタルコンテンツ王 for ウェブマガジン Webブラウザで閲覧可能なHTML形式のコンテンツをウェブマガジンとしてそのまま販売したい場合にご利用いただけるプラン
※ご契約の前にDRM保護下でのFlashアプリケーションの動作についてご確認が必要です。

○特徴
コンテンツ閲覧時に必要となるライセンス(暗号化されたファイルを復元するための鍵)を発行する際に課金する仕組みを実現したことにより、有料コンテンツとして販売することが可能となります。今までシステムの初期投資コストの問題により非常に困難だったコンテンツ制作業者やクリエイターにとっては、ASP型サービスの「デジタルコンテンツ王」を利用することでコスト負担を削減し、自社ホームページやクリエイター自身のブログなどからWebコンテンツを販売することが容易にできます。 コンテンツ販売においてこれまで主流であった、大手コンテンツ販売サイトでの販売以外に新たな販路の開拓が「デジタルコンテンツ王」により可能となります。
また、コンテンツの販売を目的とせずに、DRMにて閲覧制限をかけた上でて無償で配布する際に便利な「アクセスコードによる閲覧制限」も、従来の動画・音声・PDFファイルと同様に利用可能となる予定です。

○利用料金 (金額はすべて税込)
今回あらたにラインナップされた4つのプランは、いずれも同一の利用料金となります(下表)。尚、「デジタルコンテンツ王」を利用してコンテンツを販売される場合には、決済手段に応じた決済システム利用料が別途かかります。

初期費用 157,500円
月額利用料 固定費
(1年契約)
63,000円
従量課金分 基本サービスシステム利用料(※1) 決済金額の10.5%
キャンペーン機能利用料 アクセスコード発行:1コード 10.5円
アクセスコード認証:1ライセンス 21円
※1 キャンペーン機能のみ利用の場合には発生致しません。コンテンツ販売時のみ発生致します。

○決済システム利用料金 (金額はすべて税込)
「デジタルコンテンツ王」を利用してコンテンツの販売を行う際にご選択頂ける決済手段です。「デジタルコンテンツ王」ご利用者様向けの料金となっております。

月額利用料 固定費
(1年契約)
0円
従量課金分 クレジットカード カードによる決済金額の5.25%(※2)
WebMoney WebMoneyによる決済金額の13.65%(※3)
電子マネー“Edy” “Edy”による決済金額の8.4%(※4)
※2 平均決済単価1,000円以上の場合の標準利用料金です。VISA、MASTER、JCBのご利用が可能です(加盟店登録時に審査が必要となります)。
※3 WebMoneyのご利用はWebMoney社との直接契約となり契約料が別途発生します(契約料および月額利用料はWebMoney社へのお支払いとなります)。
※4 “Edy(エディ)”は、ビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。

導入事例
ファーストユーザー様として、「ミス・インターナショナル」を主催する社団法人国際文化協会様の、「ミス・インターナショナル」公式Webサイトでの公式コンテンツ販売に「デジタルコンテンツ王 for 電子書籍」を採用していただきました。

「デジタルコンテンツ王」について
「デジタルコンテンツ王」は、インターネットを通じて、Windows Media 形式の音声や動画、PDF化した画像や文書などのコンテンツをダウンロード型(ファイル提供型)販売する際に必要なDRM機能と課金・決済機能をワンストップで提供する、ASP型のサービスです。暗号化した映像や音声のファイル(.wma、.wmv形式)および画像や文書のファイル(.pdf形式)を、既存のホームページやブログなどから、簡単にデジタルコンテンツとして販売できます。また、商品管理や販売管理といったコンテンツ販売に必要な管理機能は「デジタルコンテンツ王」がASPとして提供しているので、運営における煩雑な作業負担を軽減できます。決済手段は、クレジットカード(VISA、MASTER、JCB)、WebMoney、電子マネー”Edy”による決済が標準で利用でき、システムを作りこむ必要がなく、容易に導入可能です。課金を伴うコンテンツの販売だけでなく、キャンペーンなどでの無料提供を想定し、特定の消費者にコンテンツを期間限定で提供する際にご利用頂ける、「アクセスコードによる視聴・閲覧制限」を設定する機能も標準でご利用いただけます(「キャンペーン機能」)。

グランスフィアとサイファー・テックは、今後もお客様のニーズを的確に捉えて反映し、インターネットを通じたデジタルコンテンツ流通市場のさらなる発展と活性化に努めて貢献してまいります。

【サービスお問い合わせ先】
◆グランスフィア株式会社  営業部 服部
TEL:03-5459-4941 FAX:03-5459-4944  E-mail:gss-info@grandsphere.com

【サイファー・テック株式会社お問い合わせ先】
◆サイファー・テック株式会社
TEL:03-3984-6338 FAX:03-3984-6338  E-mail:info@cyphertec.co.jp

【報道関係お問い合わせ先】
◆GMOインターネット株式会社  グループ広報チーム 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp

以上

Copyright (C) 2014 GMO System Consulting, INC. All Rights Reserved.