ブラウザの設定(アクティブXを有効にする設定方法)

@ ActiveX を有効にする

A スクリプトを有効にする

B Cookieを有効にする

C アドオンを有効にする(InternetExplorer8など)

D アドオン"RMGetLicense Class"が見つからない場合

ブラウザの設定 (アクティブXを有効にする設定方法)

Pagetop↑
下記手順でアクティブXを有効に設定してください。

@ ActiveX を有効にする。
  1. Internet Explorer のメインメニューの「ツール」-「インターネットオプション」を選択します。

  2. 「セキュリティ」タブの「レベルのカスタマイズ」ボタンを押して、 セキュリティの設定ダイアログを表示します。

  3. 「ActiveX コントロールとプラグイン」セクション内の、「ActiveX コントロールとプラグインの実行」、「スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行」を「有効にする」に設定して、「OK」ボタンを押します。

     


A スクリプトを有効にする
  1. Internet Explorer のメインメニューの「ツール」-「インターネットオプション」を選択します。

  2. 「セキュリティ」タブの「レベルのカスタマイズ」ボタンを押して、 セキュリティの設定ダイアログを表示します。

  3. 「スクリプト」セクション内の、「アクティブ スクリプト」を「有効にする」に設定して、「OK」ボタンを押します。

B Cookieを有効にする
  1. Internet Explorer のメインメニューの「ツール」-「インターネットオプション」を選択します。

  2. 「プライバシー」タブの「詳細設定」ボタンを押して、 プライバシー設定の詳細ダイアログを表示します。

  3. 「自動 Cookie 処理を上書きする」にチェックをし、「ファーストパーティのCookie」、
    「サードパーティのCookie」の両方について「受け入れる」を選択して、「OK」ボタンを押します。

C アドオンを有効にする(InternetExplorer8など)
  1. Internet Explorer のメインメニューの「ツール」-「アドオンの管理」を選択します。

  2. 「ツールバーと拡張機能」が選択された状態で(デフォルトでは選択済みになっています)、
    「表示」の項目を「現在読み込まれているアドオン」から「すべてのアドオン」へと変更します。

  3. 「Microsoft Corporation」から発行されている「RMGetLicense Class」が有効か、確認を行ってください。
    「RMGetLicense Class」が無効となっている場合は、「RMGetLicense Class」を左クリックして選択し、
    ウィンドウ右下の「有効にする」を押して、「RMGetLicense Class」が有効になったことを確認して「閉じる」ボタンを押してください。

D アドオン"RMGetLicense Class"が見つからない場合
  1. Internet Explorer のメインメニューの「ツール」-「インターネットオプション」を選択します。

  2. 「セキュリティ」タブを選び、「インターネット」を選択します。

  3. 「このゾーンのセキュリティレベル」を[中]に設定し、「適用]を押してください。
    ※「カスタム」になっている場合は、「既定のレベル」のボタンを押してから「この ゾーンのセキュリティレベル」を変更してください。

  4. 「セキュリティ」タブの「信頼済みサイト」を選択し、「サイト(S)」を選択してください。

  5. 「このゾーンのサイトには全てのサーバーの確認(https:)を必要とする(S)」のチェックを入れて頂き、
    以下のURLを「このWebサイトゾーンに追加する」へと入力し、「追加(A)」を選択してWebサイトに追加してから
    「信頼済みサイト」ウィンドウを閉じて下さい。

    登録して頂くURL:https://lic.grandsphere.net

  6. 次に、[プライバシー]タブを選び、[詳細設定]を選択してください。

    ・[プライバシー設定の詳細]メニューにおいて、[自動Cookie処理を上書きする]を選択
    ・[ファーストパーティのCookie][サードパーティのCookie]を[受け入れる]を選択
    ・[常にセッションCookieを許可する]も選択してください。

  7. [OK]ボタンをクリックして、[プライバシー設定の詳細]ウィンドウを閉じ、
    同様にして[インターネットオプション]のウィンドウも閉じてください。

    その後、パソコンを再起動後、再度、コンテンツの再生をお試し下さい。
以上でアクティブXを有効にする設定は完了です。
Pagetop↑