よくあるご質問

ご質問の一覧

【ご利用環境】
サービス利用にはどういった環境が必要ですか。
OSのバージョンはどうやったら確認できますか。
Windows Media Playerのバージョンはどうやったら確認できますか。
Mac OSで利用することはできますか。
ポータブルプレーヤーはどのようなものが使用できますか。
iPodは使用できますか。
複数のパソコンを持っていますが、他のパソコンにコピーしても再生することは出来ますか。
【ダウンロード】
ダウンロードのリンクをクリックしても「コンテンツが見つかりませんでした」と表示されます。
ダウンロードのリンクをクリックするとWindows Media Playerが起動します。
パソコンにダウンロードしたファイルが見当たりません。
【再生】
ファイルを開いてもWindows Media Playerが起動しません。
WMA/WMVファイルが開かず「ActiveXが無効に設定されています」、「入力を失敗しました ファイルを開くことができません。」などの表示がされる
Windows Media Playerでコンテンツを再生していますが、音が聞こえてきません。
「セキュリティのアップグレードが必要」という画面が表示されます。
 ・Windows XPをご利用の方はこちら
 ・Windows Vista、7をご利用の方はこちら
「Windows Media デジタル著作権管理 (DRM) コンポーネントによってエラーが検出されました。」との画面が表示されます。
 ・Windows XP、Vistaをご利用の方はこちら
 ・Windows 7をご利用の方はこちら
【購入】
「ご利用の環境では、本サービスはご利用になれません」と表示されます。
「販売期間外です」と表示されます。
利用可能な決済方法は何がありますか。
クレジットカードを使用しましたが、「決済処理に失敗しました」と表示され、先に進むことが出来ません。
レシートメールが届きません。
「ActiveXが無効に設定されています。」と表示されます。
「スクリプトの使用が無効に設定されています。」と表示されます。
「Cookieが無効に設定されています。」と表示されます。
購入時のセキュリティはどうなっていますか。
【視聴ライセンス、DRM】
「DRM」とは何ですか。
「視聴ライセンス」とは何ですか。
「視聴期限」とは何ですか。
「視聴回数制限」とは何ですか。
「CDへのコピー」とは何ですか。
「ポータブルデバイスへの転送」とは何ですか。
「視聴ライセンスのインストールに失敗しました」と表示されます。
視聴ライセンスの情報はどこで参照できますか。
視聴ライセンスはどのようにバックアップ・復元しますか。
【視聴ライセンス再発行】
「ライセンス再発行」とは何ですか。
レシートメールを紛失しました。
「再発行可能残回数が 0 です。」と表示されます。
「 再発行有効期日を過ぎています。」と表示されます。

ご質問の回答

Pagetop↑
【ご利用環境】
Q.
サービス利用にはどういった環境が必要ですか。

A.
推奨動作環境についてのページをご確認下さい。
Q.
OSのバージョンはどうやったら確認できますか。

A.
マイコンピュータを右クリックしてプロパティをクリックし、「システムのプロパティ」を表示してください。
「システムのプロパティ」というダイアログが表示されますので、「全般」タブの「システム」という部分に記載されます。

◆例)Windows XPの場合
Q.
Windows Media Playerのバージョンはどうやったら確認できますか。

A.
Windows Media Playerの「ヘルプ」から「バージョン情報」のプロパティ」を表示してください。
「バージョン情報」というダイアログが表示されますので、「バージョン」という部分に記載されます。

◆例)Windows Media Player 10の場合
Q.
Mac OSで利用することはできますか。

A.
Macintosh、Mac OSには対応しておりません。
Q.
ポータブルプレーヤーはどのようなものが使用できますか。

A.
本サービスではWindows MediaのDRMを使用しております。
商品でポータブルプレーヤーが許可されている場合に限り対応したプレーヤーへ転送して再生することが出来ます。
以下の要件を満たすプレーヤーが対応プレーヤーとなります。
  • Windows Media に対応していること
  • Windows Media のDRMに対応していること
対応の可否についての詳細はご利用のプレーヤーの取扱説明書、あるいは販売店・メーカーにお問合せ下さい。
なお、下記のサンプルコンテンツでポータブルプレーヤーへの転送をお試し頂けます。

◆デジタルコンテンツ王  サンプルコンテンツ

 (音声コンテンツ:ポータブルプレーヤーへの転送が可能です。)
Q.
iPodは使用できますか。

A.
ご使用になれません。
Q.
複数のパソコンを持っていますが、他のパソコンにコピーしても再生することは出来ますか。

A.
再生できません。ご購入されたパソコンでのみで再生することが出来ます。
詳しくは以下のセクションをご確認下さい。

「DRM」とは何ですか。
「視聴ライセンス」とは何ですか。
Pagetop↑
【ダウンロード】
Q.
ダウンロードのリンクをクリックしても「コンテンツが見つかりませんでした」と表示されます。

A.
リンクが異なっている可能性があります。コンテンツを提供しているショップにお問合せ下さい。
Q.
ダウンロードのリンクをクリックするとWindows Media Playerが起動します。

A.
左クリックした場合にWindows Media Playerが起動する状況の場合、ダウンロードのリンクを右クリックして「対象をファイルに保存」をクリックしてください。

Q.
ダウンロードしたファイルが見当たりません。

A.
再度コンテンツをダウンロードすることは可能です。
ダウンロード時にどこに保存したか(下図)を確認してください。

◆例)デスクトップに保存する場合
Pagetop↑
【再生】
Q.
ファイルを開いてもWindows Media Playerが起動しません。

A.
本サービスのコンテンツは、
  • 音声コンテンツ:.wma
  • 映像コンテンツ:.wmv
という拡張子のファイルを使用しています。
ご利用のOSで、これらの拡張子がWindows Media Playerに関連付けされていない可能性があります。これらのwma、wmvの拡張子に対してWindows Meida Playerへの関連付けを行ってください。
Q.
WMA/WMVファイルが開かず「ActiveXが無効に設定されています」、「入力を失敗しました ファイルを開くことができません。」などの表示がされる。

A.
下記手順でアクティブXを有効に設定した後再度ファイルを開いてください。

@ActiveX を有効にする。
  1. Internet Explorer のメインメニューの「ツール」-「インターネットオプション」を選択します。

  2. 「セキュリティ」タブの「レベルのカスタマイズ」ボタンを押して、 セキュリティの設定ダイアログを表示します。






  3. 「ActiveX コントロールとプラグイン」セクション内の、「ActiveX コントロールとプラグインの実行」、「スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行」を「有効にする」に設定して、「OK」ボタンを押します。









Aスクリプトを有効にする。
  1. Internet Explorer のメインメニューの「ツール」-「インターネットオプション」を選択します。

  2. 「セキュリティ」タブの「レベルのカスタマイズ」ボタンを押して、セキュリティの設定ダイアログを表示します。





  3. 「スクリプト」セクション内の、「アクティブ スクリプト」を「有効にする」に設定して、「OK」ボタンを押します。





BCookieを有効にする。

  1. Internet Explorer のメインメニューの「ツール」-「インターネットオプション」を選択します。

  2. 「プライバシー」タブの「詳細設定」ボタンを押して、プライバシー設定の詳細ダイアログを表示します。






  3. 「自動 Cookie 処理を上書きする」にチェックをし、「ファーストパーティのCookie」、「サードパーティのCookie」の両方について「受け入れる」を選択して、
    「OK」ボタンを押します。






Cアドオンを有効にする(InternetExplorer8など)

  1. Internet Explorer のメインメニューの「ツール」-「アドオンの管理」を選択します。

  2. 「ツールバーと拡張機能」が選択された状態で(デフォルトでは選択済みになっています)、「表示」の項目を「現在読み込まれているアドオン」から「すべてのアドオン」へと変更します。





  3. 「Microsoft Corporation」から発行されている「RMGetLicense Class」が有効か、確認を行ってください。「RMGetLicense Class」が無効となっている場合は、「RMGetLicense Class」を左クリックして選択し、ウィンドウ右下の「有効にする」を押して、「RMGetLicense Class」が有効になったことを確認して「閉じる」ボタンを押してください。





Dアドオン"RMGetLicense Class"が見つからない場合
  1. Internet Explorer のメインメニューの「ツール」-「インターネットオプション」を選択します。

  2. 「セキュリティ」タブを選び、「インターネット」を選択します。

  3. 「このゾーンのセキュリティレベル」を[中]に設定し、「適用]を押してください。

    ※「カスタム」になっている場合は、「既定のレベル」のボタンを押してから「このゾーンのセキュリティレベル」を変更してください。


  4. 「セキュリティ」タブの「信頼済みサイト」を選択し、「サイト(S)」を選択してください。

  5. 「このゾーンのサイトには全てのサーバーの確認(https:)を必要とする(S)」のチェックを入れて頂き、
    以下のURLを「このWebサイトゾーンに追加する」へと入力し、「追加(A)」を選択してWebサイトに追加してから「信頼済みサイト」ウィンドウを閉じて下さい。

    登録して頂くURL:https://lic.grandsphere.net


  6. 次に、[プライバシー]タブを選び、[詳細設定]を選択してください。

    ・[プライバシー設定の詳細]メニューにおいて、[自動Cookie処理を上書きする]を選択
    ・[ファーストパーティのCookie][サードパーティのCookie]を[受け入れる]を選択
    ・[常にセッションCookieを許可する]も選択してください。


  7. [OK]ボタンをクリックして、[プライバシー設定の詳細]ウィンドウを閉じ、同様にして[インターネットオプション]のウィンドウも閉じてください。
    その後、パソコンを再起動後、再度コンテンツの再生をお試しください。
Q.
Windows Media Playerでコンテンツを再生していますが、音が聞こえてきません。

A.
ご利用の環境によりますが、以下をご確認下さい。
  • スピーカーの電源は入っていますか。
  • スピーカーとパソコンは正しく接続されていますか。
  • Windowsのボリュームが「ミュート」(音量0)になっていませんか。
その他、オーディオデバイスの故障の可能性もありますので、ご利用のパソコンのメーカーサポートなどにも併せてご確認下さい。
Q.
「セキュリティのアップグレードが必要」という画面が表示されます (Windows XPをご利用の方はこちら) 。

A.
本サービスのコンテンツをご利用になる際、ファイルの再生時に下記のダイアログが表示されることがあります。
Windows Meをご利用の方は下記のダイアログでキャンセルをクリックしてください


例) Window Media Player 7の場合


本サービスでは、コンテンツに対して標準より強度のあるセキュリティを適用しているため、Windows Media Playerのセキュリティアップグレードが必要となります。
このダイアログはセキュリティアップグレードを行うために表示されていますので、OKを押してアップグレードを行ってください。
Q.
「セキュリティのアップグレードが必要」という画面が表示されます (Windows Vista、7をご利用の方はこちら) 。

A.

下記手順で、Windows Media Playerのセキュリティコンポーネントのアップグレードを行なってください。

Windows Media Playerのバージョンが11以上の場合は、セキュリティコンポーネントのアップグレードの手順(1)
セキュリティコンポーネントのアップグレードの手順(2)の 両方を行なってください。


セキュリティコンポーネントのアップグレードの手順(1)

  1. Internet Explorerのアイコンを右クリックし、「管理者として実行」をクリックして起動します。




  2. 下記URLにアクセスします。

    ◆Windows Media セキュリティコンポーネント アップグレード
    http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/indivsite/indivit2.htm



  3. 表示されたページの「アップグレード」ボタンをクリックします。





  4. アップグレードを要求するウィンドウが表示されましたら、「アップグレード」ボタンをクリックします。





セキュリティコンポーネントのアップグレードの手順(2) (Windows Media Playerのバージョンが11以上の場合)

  1. Internet Explorerのアイコンを右クリックし、「管理者として実行」をクリックして起動します。

  2. 下記URLにアクセスします。

    ◆証明書失効リストの更新
    http://drmlicense.one.microsoft.com/crlupdate/jpn/crlupdate.html


  3. 表示されたページの下部に、アドオンのインストールを警告する黄色い表示が出た場合は、
    「インストール」をクリックし、アドオンのインストールを行います。




  4.   ※拡大図


  5. 「セキュリティの警告」ウィンドウが表示されましたら、「インストールする」をクリックします。



  6. 「アップグレードボタン」をクリックします。






  7. Window Media Playerを起動し、コンテンツが再生できるか確認します。


※セキュリティコンポーネントのアップグレードのインストールで問題が発生した場合、下記、ActiveXの機能を検証を行います。


ActiveX機能の検証

  1. Internet Explorerのアイコンを右クリックし、「管理者として実行」をクリックして起動します。



  2. 下記URLにアクセスします。

    ◆Microsoft Genuine Advantage - 診断サイト
    http://www.microsoft.com/genuine/diag/default.aspx?displaylang=ja&sGuid=8656b7e3-584a-4131-8b1d-663f9821f465

  3. 表示されたページの「下のボタンをクリックして、診断プロセスを開始してください。」にある「診断の開始」ボタンを
    クリックして診断を開始します。




  4. 診断結果が[合格]とならなかった設定が適切でない項目に、問題を解決するための
    推奨手順が表示されますのでその手順を実行してください。


  5. 診断結果が全て[合格]となりましたらページを閉じて、再度セキュリティコンポーネントのアップグレードができるかご確認ください。






※上記を実行していただいても、問題がなかった場合や解消しない場合、ライセンスファイルが破損している可能性がございますので、
下記手順を行なってください。


視聴ライセンスのリセット方法(Windows Vistaをご利用の方)


  1. システムフォルダの表示。

    画面左下「スタート」⇒「マイコンピュータ」と遷移し、表示された画面の上部メニューを「ツール」⇒「フォルダオプション」と操作し、下記の様に設定して下さい。

    1. 「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れます。

    2. 「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックを外します。
      ※注意を促す画面が表示されても問題ありません。


  2. DRMフォルダのリネーム。

    下記の様に操作してください。

    1. 下記のフォルダにアクセスします。

      マイコンピュータ⇒ローカルディスク(C:)⇒ProgramData ⇒Microsoft ⇒Windows


    2. 「DRM」というフォルダの名前を「DRM2」等、他の名前に変更します。

    3. 再度セキュリティコンポーネントのアップグレードができるかご確認ください。


視聴ライセンスのリセット方法(Windows7をご利用の方)

  1. 下記のマイクロソフト社のサイトからResetDRM.exeというツールをダウンロードします。

    http://go.microsoft.com/fwlink?LinkId=105000

    ※ご注意
    このツールはお客様のパソコンの視聴ライセンスをリセットします。
    著作権保護された動画・音声を既に正常に視聴ができているお客様は実行しないでください。
    これまで視聴できていたファイルのライセンスが無くなり、視聴できなくなる可能性があります。


  2. ダウンロードしたResetDRM.exeを右クリックし、「管理者として実行(A)..」を選択します。





  3. 以下のような画面が表示されますので、「Yes」をクリックします。





  4. 最終確認の画面が表示されます。「はい」をクリックします。

    ※ご注意
    このツールはお客様のパソコンの視聴ライセンスをリセットします。
    著作権保護された動画・音声を既に正常に視聴ができているお客様は実行しないでください。
    これまで視聴できていたファイルのライセンスが無くなり、視聴できなくなる可能性があります。

    ※ご注意
    Windows 7以外のOSをご利用のお客様は実行しないでください。





  5. リセット完了のメッセージが表示されます。「OK」をクリックし終了します。





  6. 再度セキュリティコンポーネントのアップグレードができるかご確認ください。
Q.
「Windows Media デジタル著作権管理 (DRM) コンポーネントによってエラーが検出されました。」との画面が表示される (Windows XP、Vistaをご利用の方)。

A.
何らかの原因で、再生ライセンスが破損しており、正常な再生が行えない場合は下記の操作をお試し下さい。
なお、下記DRMシステムの初期化を行うと、現在のパソコン内に存在する音声・動画ファイル(WMA/WMVファイル)の再生ライセンスが失われ、
DRMがかけられた音声・動画ファイル(WMA/WMVファイル)の再生が行えなくなります。

再生ライセンスの再発行につきましては、コンテンツを購入されたWebサイト様へお問い合わせ下さい。


  1. システムフォルダの表示。

    画面左下「スタート」⇒「マイコンピュータ」と遷移し、表示された画面の上部メニューを「ツール」⇒「フォルダオプション」と操作し、下記の様に設定して下さい。

    1. 「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れます。

    2. 「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックを外します。
      ※注意を促す画面が表示されても問題ありません。


  2. DRMフォルダのリネーム。

    下記の様に操作してください。


    1. 下記のフォルダにアクセスします。

      Windows XPをご利用の場合
      マイコンピュータ⇒ローカルディスク(C:)⇒Documents and Settings ⇒All Users

    2. Windows Vistaをご利用の場合
      マイコンピュータ⇒ローカルディスク(C:)⇒ProgramData ⇒Microsoft ⇒Windows

    3. 「DRM」というフォルダの名前を「DRM2」等、他の名前に変更します。

    4. DRMサンプルを開いた後、画面の指示に従い、セキュリティコンポーネントのアップデートを行い、DRMを再構築して下さい。
      正常にサンプルコンテンツが再生できましたら、ライセンスの再発行を行ってください。
      なお、再生ライセンスの再発行につきましては、コンテンツを購入されたWebサイト様へお問い合わせ下さい。



    ◆デジタルコンテンツ王 サンプルコンテンツ
    (映像コンテンツ)

    【重要】 ダウンロードしたコンテンツに関するお問い合わせは、各コンテンツプロバイダにお問い合わせ下さい。



Q.
「Windows Media デジタル著作権管理 (DRM) コンポーネントによってエラーが検出されました。」との画面が表示される (Windows 7をご利用の方)。

A.
マイクロソフト社の発表によると、
OSプリインストール版のWindows 7(各エディション)をご利用の場合、
Window Media Playerで著作権保護された動画、音声を正常に再生できないケースがあります。

Windows 7が初期から搭載されたパソコンを購入された場合、この不具合が発生する可能性があります。

パッケージ版のWindowsを購入し、

 ・お手元のパソコンにインストールした場合
 ・お手元のパソコンをアップグレードした場合

は問題ありません。

マイクロソフト社、ならびに各メーカーの対応により、今後販売されるパソコンではこの不具合は解消される見込みです。
お客様のパソコンの不具合有無の確認方法や、不具合があった場合の解消方法を、以下にご説明します。


@ 不具合有無の確認方法

  1. Windows Media Playerを起動、「Alt」キーを押しメニューを表示します。






  2. 「ファイル(F)」から「URLを開く(U)...」を選択します。





  3. 「URLを開く」に以下のURLを入力し、OKをクリックします。

    http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=166118





  4. アップグレードを要求するダイアログが表示されますので「アップグレード」をクリックしてください。





  5. アップグレードが完了したら以下の画面が表示されますので、「閉じる」をクリックします。





  6. (一部のお客様) 視聴権限の取得を確認する画面が表示された場合は、「はい」をクリックします。





  7. 正常に再生されましたか?

    正常に再生されればお客様の環境で不具合はございません。

    エラーが表示されたり、正しく再生されない場合はお客様環境では不具合の可能性があります。
    次のセクションを参考に解消を行ってください。

B不具合のあった場合の解消方法

  1. 下記のマイクロソフト社のサイトからResetDRM.exeというツールをダウンロードします。

    http://go.microsoft.com/fwlink?LinkId=105000

    ※ご注意
    このツールはお客様のパソコンの視聴ライセンスをリセットします。
    著作権保護された動画・音声を既に正常に視聴ができているお客様は実行しないでください。
    これまで視聴できていたファイルのライセンスが無くなり、視聴できなくなる可能性があります。


  2. ダウンロードしたResetDRM.exeを右クリックし、「管理者として実行(A)..」を選択します。





  3. 以下のような画面が表示されますので、「Yes」をクリックします。





  4. 最終確認の画面が表示されます。「はい」をクリックします。

    ※ご注意
    このツールはお客様のパソコンの視聴ライセンスをリセットします。
    著作権保護された動画・音声を既に正常に視聴ができているお客様は実行しないでください。
    これまで視聴できていたファイルのライセンスが無くなり、視聴できなくなる可能性があります。

    ※ご注意
    Windows 7以外のOSをご利用のお客様は実行しないでください。





  5. リセット完了のメッセージが表示されます。「OK」をクリックし終了します。





  6. 再度、前述の「不具合有無の確認方法」に従い、確認を行います。

    不具合有無の確認方法(前述)

  7. これらの処置を行っても不具合が解消されない場合は、
    お手数ですがマイクロソフト社サポート、あるいは、ご購入のパソコンのメーカーのサポートにお問い合わせください。


マイクロソフト社サポート情報

http://support.microsoft.com/kb/976590
Windows Media and Zune DRM protected media files may not play on a new Windows 7 preconfigured Computer
Pagetop↑
【購入】
Q.
「ご利用の環境では、本サービスはご利用になれません」と表示されます。

A.
お使いの環境では動作しない場合に、このメッセージが表示されます。
推奨動作環境についてのページをご確認下さい。
Q.
「販売期間外です」と表示されます。

A.
コンテンツに設定されている販売開始日時の前か、あるいは、販売が既に終了しているか、いずれかの場合にこのメッセージが表示されます。販売開始前の場合は、改めて、販売が開始した段階でご利用下さい。
Q.
利用可能な決済方法は何がありますか。

A.
ご利用のショップにより異なりますが、現在は以下の決済手段に対応しております。
  • クレジットカード (VISA、Master)
  • クレジットカード (JCB)
  • Edy (Edyカード、おサイフケータイ)
  • ビットキャッシュ
  • WebMoney (※Webmoneyは各ショップにより利用状況が異なりますので、ご利用前にショップへご確認ください。)
利用可能な決済方法は、各ショップにご確認下さい。
Edy決済をご利用になる場合の動作環境については、推奨動作環境についてのページをご確認下さい。
Q.
クレジットカードを使用しましたが、「決済処理に失敗しました」と表示され、先に進むことが出来ません。

A.
ご指定のクレジットカードについて、下記の状況が考えられます。
  • カード番号の入力に誤りがあった。
  • カードの有効期限の選択に誤りがあった。
  • カードの有効期限が切れている。
  • 取扱可能なカード会社以外のカードを使用している。

Q.
レシートメールが届きません。

A.
購入の最初に入力したメールアドレスに誤りがあったことが考えられます。 コンテンツを購入したショップに、
  • 購入した日時
  • 購入した商品
を記入の上、購入時に入力したと思われるメールアドレスからお問合せ下さい。
次回ご購入の際は、お間違えの無いよう入力をお願いします。
Q.
「ActiveXが無効に設定されています。」と表示されます。

A.
お使いのMicrosoft Internet ExplorerでActiveXの実行が許可されていない場合に、このメッセージが表示されます。
ブラウザの設定についてのページをご確認下頂き、設定を変更の上でもう一度ファイルを開いてください。
Q.
「スクリプトの使用が無効に設定されています。」と表示されます。

A.
お使いのMicrosoft Internet Explorerでスクリプトの実行が許可されていない場合に、このメッセージが表示されます。
ブラウザの設定についてのページをご確認下頂き、設定を変更の上でもう一度ファイルを開いてください。
Q.
「Cookieが無効に設定されています。」と表示されます。

A.
お使いのMicrosoft Internet ExplorerでCookieの使用が許可されていない場合に、このメッセージが表示されます。
ブラウザの設定についてのページをご確認下頂き、設定を変更の上でもう一度ファイルを開いてください。

Cookieの使用が許可されているにも関わらず同様のメッセージが表示された場合、お使いのパソコンの日付と時刻の設定が大幅にずれている可能性があります。
その場合は、お使いのパソコンの日付と時刻を修正の上でもう一度ファイルを開いて下さい。
Q.
購入時のセキュリティはどうなっていますか。

A.
ご購入時のクレジットカード情報ならびにお客様の個人情報は、SSL通信により暗号化されて
安全に送信されます。
よって第三者に通信される情報が盗み見られる心配はございません。
Pagetop↑
【視聴ライセンス、DRM】
Q.
「DRM」とは何ですか。

A.
DRMとは、Digital Rights Managementの略で、日本語では、「著作権管理システム」と呼ばれます。
主に、ファイルを暗号化することによって、コンテンツの不正コピーを防止するための仕組みです。本サービスでは、マイクロソフト社のDRMである「Windows Media Rights Manager」を使用しています。
Q.
「視聴ライセンス」とは何ですか。

A.
DRMによって暗号化されたファイルを視聴するために必要となる暗号解除鍵です。本サービスを使用して販売されるコンテンツを視聴するためには、この視聴ライセンスを取得してお使いのパソコンに組み込む必要があります。視聴ライセンスの組み込みは、ご購入完了時に自動的に行われます。
視聴ライセンスが組み込まれたパソコン以外のマシンで再生を行うことは出来ません。従いまして、ご購入されたパソコンでコンテンツを視聴してください。
Q.
「視聴期限」とは何ですか。

A.
商品によっては、視聴期限が設定されている場合があります。
視聴期限が設定されている場合は、期日を越えるとコンテンツを再生することが出来なくなり、再度購入が必要となります。
Q.
「視聴回数制限」とは何ですか。

A.
商品によっては、視聴回数制限が設定されている場合があります。
視聴回数制限が設定されている場合は、パソコンでその回数だけコンテンツを再生することができ、その回数を超えて再生するには、再度購入が必要となります。
なお、Windows Media Playerの一時停止ボタンを押した場合は、一回とカウントされませんが、停止ボタンを押す、あるいは、Windows Media Playerを終了させると一回とカウントされます。
Q.
「CDへのコピー」とは何ですか。

A.
商品によっては、CDへのコピーが許可されている場合があります。
CDへのコピーが許可されている場合は、Windows Media Playerからご購入されたコンテンツをCD-Rに書き出して、オーディオCDとして作成することができます。また、CDへのコピーの回数が指定されている場合は、その回数まで、CDのコピーを行うことが出来ます。
Q.
「ポータブルデバイスへの転送」とは何ですか。

A.
商品によっては、ポータブルデバイスへの転送が許可されている場合があります。
ポータブルデバイスへの転送が許可されている場合は、Windows Media Playerからご購入されたコンテンツをお手持ちのポータブルデバイス、ポータブルオーディオプレーヤーに転送することができます。ただし、対応しているプレーヤーは、Windows Media に対応していて、また、Windows MediaのDRMに対応している必要があります。また、ポータブルデバイスへの転送の回数が指定されている場合は、その回数まで、ポータブルデバイスへ転送を行うことが出来ます。
ご利用方法についてのページの「ポータブルプレーヤーへのコピー」も併せてご確認下さい。
Q.
「試聴ライセンスのインストールに失敗しました」と表示されます。

A.
お客様の環境が対応していない可能性があります。
推奨動作環境についてのページをご確認下さい。
Q.
視聴ライセンスの情報はどこで参照できますか。

A.
Windows Media Playerでご購入のコンテンツを再生し、Windows Media Playerのメニューから「ファイル」-「プロパティ」を選択し、「ライセンス」のタブを参照します。

◆例)Windows Media Player10の場合
Q.
視聴ライセンスはどのようにバックアップ・復元しますか。

A.
Windows Media Player10を例に説明します。

Windows Media Playerの「ツール」 メニューの「ライセンスの管理」 をクリックします。バックアップを行う場合は、「バックアップ」先を選択して、「今すぐバックアップ」をクリックします。復元する場合は、復元元を選択して、「今すぐ復元」をクリックします。(ただし、復元の際には、インターネットに接続している必要があり、また、復元できる回数にも制限があります。)

詳しくはWindows Media Playerのヘルプをご参照下さい。
Q.
「ライセンス再発行」とは何ですか。

A.
以下のようなケースでは、同じパソコンでも再生することが出来なくなりますのでご注意ください。
  • CPUなどのハードウェアを交換した場合
  • Windows OSのアップグレードした場合
  • Windows OSを再インストールした場合
他に、お客様の環境において、下記障害などが発生した場合も再生が出来ません。
  • ご購入の最後の段階で、ご利用の回線に障害が発生した場合
  • ご購入の最後の段階で、ご利用のパソコンに障害が発生した場合
このような状況を想定して、ご購入の商品で「視聴ライセンスの再発行」が許可されている場合で、かつ、視聴ライセンスの再発行が有効な状態の場合のみ、視聴ライセンスを再度入手することが出来ます。

ご利用方法についてのページの「ライセンス再発行の方法」も併せてご確認下さい。
Q.
レシートメールを紛失しました。

A.
商品を購入したショップに、
  • 購入した日時
  • 購入した商品
を記入の上、購入時に入力したと思われるメールアドレスからお問合せ下さい。
Q.
「再発行可能残回数が 0 です。」と表示されます。

A.
商品をご購入後、商品に許可されている再発行回数分、ライセンス再発行が行われたことが考えられます。この回数は変更できませんので、再度ご購入を頂く必要があります。
Q.
「 再発行有効期日を過ぎています。」と表示されます。

A.
商品をご購入後、商品に許可されている再発行期限を超えて再発行を行おうとしていると考えられます。この期限は変更できませんので、再度ご購入を頂く必要があります。
Pagetop↑